自分の顔のたるみに悩んでいるなら美容クリニックで治療を

SITEMAP
鏡を凝視する女性

痛みの少ないたるみ治療はダブロがおすすめ

アロマオイル

これからたるみ治療を受けようと考えておられる方は、何よりも痛みや肌への負担を気にされていることでしょう。美容クリニックによって取り入れている治療方法は異なりますが、痛みや肌への負担の少ない治療を選びたいとお考えなら、ダブロを検討されてみてはいかがでしょうか。ダブロとは、高密度の特殊な超音波を肌の1点に集中させて照射するたるみ治療です。密度の高い超音波を集中的に当てるのですから、肌の奥深くまで働きかけることができ、たるみの原因となっている肌細胞の土台から改善できるのです。また、他の治療法ですと術後にダウンタイムが必要な場合がありますが、ダブロの場合は、すぐにメイクをして帰れるというメリットがあります。このダウンタイムを気にして、これまでたるみ治療を受けることができなかったという方は、案外多いのではないでしょうか。ダブロならそんな心配も必要ありません。ダブロの効果は数か月ほど持続し、繰り返し施術を受けることも可能です。1年の間に数回、お肌のメンテナンスとして定期的にダブロを受けると、いつまでも若々しいハリのある素肌を保てます。アンチエイジングのために何かを始めるなら、ぜひダブロ治療を候補に入れておいてください。

メスを使わないたるみ治療の種類と効果

現在の顔のたるみ治療の多くは、従来の様なメスを使用し皮膚を切開する外科的な治療法から、高周波や超音波を使用したり、たるみを改善する為のリフトアップに身体に吸収される糸の使用や、ヒアルロン酸等を注入する方法に移り変わってきました。これらのたるみ治療は、美容クリニックで受ける事が出来る為、ご自身の通い易い美容クリニックを探す事が必要です。高周波を使用するたるみ治療は、皮下の真皮層までを温める事でたるんだ皮膚を引き締める方法です。一方、超音波を使用するたるみ治療は、表情筋と呼ばれる顔の皮下にある筋肉を刺激する事で皮膚の引き締めを行いますが、超音波を使用したたるみ治療の方がたるみ改善の効果が大きいと言われてます。ただし、高周波や超音波を使用したたるみ治療を行った場合は、皮膚の赤みや軽い火傷の様な症状が表れる場合もあるので、事前に医師と相談する必要があります。次に身体に吸収される吸収糸を使った治療は、即効性を感じられるたるみ治療として注目され、治療後の効果も高く、治療を受けた人の満足度も高い治療法と言えます。更にヒアルロン酸をたるみが気になる部位に注入する治療法は、目の周りや頬、顎や額等の周辺にヒアルロン酸を注入し、表情筋のリフトアップを図る治療法で、手軽ではありますが実感出来る効果はやや低くなります。

重度なたるみで悩んでいるのなら美容クリニックで治療を

誰が見てもはっきりと分かるほどのたるみができてしまう頃には、皮膚自体も伸びた状態に変わっています。表情筋などはトレーニングによって鍛えることも可能ですが、一度伸びた皮膚を若々しい状態に引き締めていくということは簡単ではありません。そんな重度なたるみを解消したいという場合は、自力で頑張るのではなく、美容クリニックでたるみ治療を受けてみることがおすすめです。

美容クリニックで行われているたるみ治療のメリットは、重度なたるみにも対応できることです。提案される治療方法はたるみの状態によって異なり、軽度なものであればヒアルロン酸注入のように、手軽な治療で若々しい印象を取り戻せることも少なくありません。そんなヒアルロン酸注入では対応できないたるみの場合は、糸を使って顔全体を引き上げていく治療や、余った皮膚を切り取り残りの皮膚を引き上げるなど、本格的な治療で改善を目指すことができます。皮膚を切り取る治療を聞くと、目立つ場所に傷跡が残ってしまうのではないかなどの不安を感じてしまう人もいますが、耳の前や髪の毛の生え際など目立ちにくい部分を切り取り縫合していくため、傷跡が目立つ心配もありません。そのため、重度なたるみで悩んでいるのであれば、まずは美容クリニックで相談をするところから始めておくと良いでしょう。

【コムロ美容外科】では、体に負担がかからない方法でたるみ治療をおこなっています。たるみの治療を本気で考えるならぜひ【コムロ美容外科】に足を運んでみてください。

ピックアップコンテンツ